“強い特許”の取得なら、知的財産のエキスパート集団、アイテックにお任せください

特許業務法人 アイテック国際特許事務所 ITEC International Patent Firm

新着情報

判例紹介:「眼科用清涼組成物」審決取消請求事件

18.12.29 法改正

【判決日】平成30年9月6日【事件番号】平成29年(行ケ)第10210号 審決取消請求事件http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/975/087975_hanrei.pdf【キーワード】明確性【判決要旨】第1.結論特許庁が無効2015-800023号事件について平成29年10月11日にした審決を取り消す。第2.事案の概要 特許無効審判の審決の取消訴訟である。争点は,明確性要件違反の有無である。1 手続の経緯(1)原告は,平成17年6月7日(平成16年6月8日優先権主張(日本国)),発明の名称を「眼科用清涼組成物」とする特許出願をし,平成25年11月8日,設定の登録(特許第5403850号)を受けた(この特許を「本件特許」という)。*審査段階での拒絶理由は、新規性、進歩性無し。拒絶査定後、拒絶査定不服審判を経て登録。(2) 被告は,平成27年2月5日,特許庁に対し,本件特許の全ての請求項について特許を無効にすることを求めて審判を請求し,同請求事件は,無効2015-800023号事件として係属した。(3) 特許庁は,平成27年12月1日,審判請求は成り立たない旨の審決(以下「第一次審決」という。)をしたため,被告は,審決取消訴訟を提起した。知的財産高等裁判所は,平成29年1月18日,第一次審決を取り消す旨の判決(以下「第一次判決」という。)をし,第一次判決はその後確定した。(4) 原告は,平成29年9月4日付けで本件特許について訂正を請求した(以下「本件訂正」という。)。(5) 特許庁は,平成29年10月11日,本件訂正を認めた上で,請求項1~6に係る発明についての特許を無効とする旨の審決(以下「本件審決」という。)をし,その謄本は同月19日に原告に送達された。(6) 原告は,平成29年11月16日,本件審決の取消しを求めて本件訴訟を提起した。2.登録時の請求項1,明細書【0021】の記載(下線部は、一次審決の取消訴訟および本件訴訟で争点になっている箇所)【請求項1】a)メントール、カンフル又はボルネオールから選択される化合物を、それらの総量として0.01w/v%以上0.1w/v%未満、b)0.01~10w/v%の塩化カリウム、塩化カルシウム、塩化ナトリウム、炭酸水素ナトリウム、炭酸ナトリウム、硫酸マグネシウム、リン酸水素

詳細を見る