“強い特許”の取得なら、知的財産のエキスパート集団、アイテックにお任せください

特許業務法人 アイテック国際特許事務所 ITEC International Patent Firm

新着情報

新着情報一覧

18.12.29 [法改正] 判例紹介:「眼科用清涼組成物」審決取消請求事件

【判決日】平成30年9月6日【事件番号】平成29年(行ケ)第10210号 審決取消請求事件http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/975/087975_hanrei.pdf【キーワード】明確性【判決要旨】第1.結論特許庁が無効2015-800023号事件について平成29年10月11日にした審決を取り消す。第2.事案の概要 特許無効審判の審決の取消訴訟である。争点は,明確性要件違反の有無である。1 手続の経緯(1)原告は,平成17年6月7日(平成16年6月8日優先権主張(日本国)),発明の名称を「眼科用清涼組成物」とする特許出願をし,平成25年11月8日,設定の登録(特許第5403850号)を受けた(この特許を「本件特許」という)。*審査段階での拒絶理由は、新規性、進歩性無し。拒絶査定後、拒絶査定不服審判を経て登録。(2) 被告は,平成27年2月5日,特許庁に対し,本件特許の全ての請求項について特許を無効にすることを求めて...

詳細を見る

18.12.29 [判例] 判例紹介:「排水栓装置」審決取消請求事件

【判決日】平成30年9月4日【事件番号】平成29年(行ケ)第10189号 審決取消請求事件http://www.ip.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/973/087973_hanrei.pdf【キーワード】明確性,動機付け【判決要旨】1.結論 原告の請求は理由がないから棄却する。2.事案の概要 原告は,発明の名称を「排水栓装置」とする本件特許の無効審判を請求し,これに対し,特許権者である被告は,訂正請求をした。特許庁は,「訂正請求書に添付された訂正明細書及び特許請求の範囲のとおり訂正することを認める。本件審判の請求は成り立たない。」との審決をし,その謄本を送達した。原告は,本件審決の取消を求める訴訟を提起した。3.本件発明(下線は訂正箇所)[請求項1] 水槽の底部に,円筒状陥没部を形成し,該円筒状陥没部の底部に形成された内向きフランジ部が排水口金具と接続管とで挟持取付けられて排水口部を形成し,該排水口部には,排水口金具を露出しないよう...

詳細を見る

18.11.07 [判例] 判例紹介:平成29年(行ケ)第10232号 特許取消決定取消請求事件

【判決日】平成30年10月17日判決言渡【事件番号】平成29年(行ケ)第10232号 特許取消決定取消請求事件(http://www.ip.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/058/088058_hanrei.pdf)【関連条文】特許法2条1項【関連する権利番号等】特許第5946491号,異議2016-701090号【判決要旨】第1 結論 特許庁が異議2016-701090号事件について平成29年11月28日にした決定を取り消す。第2 事案の概要1.特許庁における手続の経緯等(1)原告は,名称を「ステーキの提供システム」とする発明につき,平成26年6月4日に特許出願をし(特願2014-115682号),平成28年6月10日,その設定登録を受けた(特許第5946491号)。(2)被告補助参加人は,平成28年11月24日,本件特許の請求項1~6について特許異議申立てをしたところ(異議2016-701090号),原告は,平成29年9月22日付...

詳細を見る

18.10.22 [判例] 判例紹介:「高リン酸塩血症の治療のための医薬組成物」審決取消請求事件

【判決日】平成30年9月19日判決言渡【事件番号】平成29年(行ケ)第10171号 審決取消請求事件(http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/990/087990_hanrei.pdf)【キーワード】進歩性、出願当時の技術常識又は周知技術【ポイント】出願当時の技術常識又は周知技術の適用について【ひとこと】「水分子(水和水)の数の違いが,薬物の溶解度,溶解速度及び生物学的利用率,製剤の化学的安定性及び物理的安定性に影響を及ぼし得る」との周知技術から、極めて具体的な「炭酸ランタンのリン酸結合性」が導かれるとの結論は、周知技術の適用が広すぎると思われ、進歩性否定の方向性を示していることが懸念点である。【判例要旨】1.結論 特許庁が無効2016-800111号事件について平成29年8月7日にした審決を取り消す。2.事案の概要(1)本件は,特許無効審判の請求は成り立たないとの審決に対する取消訴訟である。争点は、進歩性における出願当...

詳細を見る

18.10.22 [判例] 判例紹介:「美容器」審決取消請求事件

【判決日】平成30年9月4日判決言渡【事件番号】平成30年(行ケ) 第10013号 審決取消請求事件(http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/968/087968_hanrei.pdf)【キーワード】進歩性【結論】原告の請求を棄却する。【請求】特許庁が無効2016-800099号について平成30年1月5日にした審決を取り消す。 【事件の概要】 1.特許庁における手続の経緯(1)特許出願  平成26年10月27日(平成23年11月16日にした特願2011-250916号の分割出願)(2)設定登録  平成27年 2月27日(特許第 5702019)(3)無効審判  平成28年 8月 9日(無効 2016-800099号)(4)訂正請求  平成29年10月10日(5)審決    平成30年 1月 5日(訂正を認めた上で「本件審判の請求は,成り立たない。」との審決)(6)本訴    平成30年 1月15日【本件発明の要旨】 【請...

詳細を見る

1 / 1312345...10...最後 »