“強い特許”の取得なら、知的財産のエキスパート集団、アイテックにお任せください

特許業務法人 アイテック国際特許事務所 ITEC International Patent Firm

新着情報

新着情報一覧

17.04.03 [判例] 判例紹介:「減塩醤油」審決取消訴訟事件

平成28年10月19日判決言渡 平成26年(行ケ)第10155号 審決取消請求事件 原告 キッコーマン株式会社 被告 花王株式会社(特許権者) 【キーワード】サポート要件 【ポイント】組成が公知である物質において、複数の数値限定の組み合わせからなる選択発明では、その数値限定の組み合わせのすべての範囲で、発明の課題を解決することができるような実施例の記載を要することが判示された。 【ひとこと】権利範囲としたい範囲においては、上限値、下限値の実施例を記載するべきであることは当然である。但し、判示された内容に基づくと、発明品に含まれる物質の組み合わせが公知である前提ではあるものの、複数の数値範囲の組み合わせを規定する請求項の記載内容が非常に複雑になる可能性を含む(Aが○~○の範囲ではBが×~×の範囲で、Aが□~□の範囲ではBが*~*の範囲であり、など)。 【判例要旨】 1.結論 1 特許庁が無効2013-800113号事件について平成26年5月19日にした...

詳細を見る

17.01.04 [判例] 判例紹介:「二重瞼形成用テープ」審決取消訴訟事件

【判決日】平成28年9月20日 【事件番号】平成27年(ケ)第10242号 審決取消請求事件 【キーワード】 発明の要旨認定、プロダクト・バイ・プロセス 【結論】 無効2015-800103号事件において特許庁がした審決(特許維持審決)を維持する。 【事案の概要】 本件は、特許無効審判請求を不成立とした審決に対する取り消し訴訟である。争点は、(1)進歩性の判断(本件発明の要旨認定の判断)、(2)サポート要件の充足の有無、(3)明確性要件の充足の有無(プロダクト・バイ・プロセス・クレームに該当するか否か)である。 【本件発明の要旨】 【請求項1】 延伸可能でその延伸後にも弾性的な伸縮性を有する合成樹脂により形成した細いテープ状部材に,粘着剤を塗着することにより構成した,ことを特徴とする二重瞼形成用テープ。 【本件審決の理由の要旨】 1.無効理由1(進歩性の判断)について 甲2(米国特許第4653483号公報)には「3M社の仕様書番号1512-3...

詳細を見る

17.01.04 [判例] 判例紹介:「除染方法」審決取消訴訟事件

【判決日】平成28年8月29日 【事件番号】平成27年(行ケ)10216号 審決取消請求事件 http://www.ip.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/098/086098_hanrei.pdf 【キーワード】訂正審判 誤訳訂正 実質上特許請求の範囲を拡張 【判決要旨】 1.結論 原告の請求を棄却する。訴訟費用は原告の負担とする。 2.事案の概要 本件は,訂正審判請求に対する不成立審決の取消訴訟である。争点は,誤訳の訂正についての特許請求の範囲の実質的変更の有無である。 3 .特許庁における手続の経緯 原告は,発明の名称を「放射能で汚染された表面の除染方法」とする特許(特許第5584706号。以下「本件特許」という。甲3)の特許権者である。 本件特許は,平成22年2月17日に国際出願され(特願2011-549605号,パリ条約に基づく優先権主張,優先日・平成21年2月18日,同年4月28日,優先権主張国・いずれ...

詳細を見る

16.09.26 [判例] 判例紹介:「臀部拭き取り装置」審決取消訴訟事件

【判決日】平成28年8月24日判決言渡 【事件番号】平成27年(行ケ)第10245号 審決取消請求事件 (http://www.ip.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/091/086091_hanrei.pdf) 【審決】無効2015-800036号 【キーワード】新規事項の追加 【ひとこと】 出願当初は、発明者も明細書執筆者も、便座昇降部によらずに便器と便座との間に間隙を設ける点を権利範囲に含めることについて、思い及ばなかったと思われる。その結果、便座昇降部が必須構成要素になってしまったのだろう。発明者はともかく明細書執筆者は、請求項を作成するときに各構成要素が必須かどうかをよく考え、必須でない場合にはその構成要素を外した請求項を作成しておくことが肝要である。 【判決要旨】 A.結論 特許庁が無効2015-800036号事件について平成27年11月11日にした審決(特許認容)を取り消す。 B.事案の概要 本件は,...

詳細を見る

16.09.26 [判例] 判例紹介:「濾過装置」審決取消訴訟事件

  【判決日】平成28年8月10日判決言渡 【事件番号】平成27年(行ケ)第10068号 審決取消請求事件 (http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/067/086067_hanrei.pdf) 【キーワード】容易想到性 【判例要旨】 第1 結論 「特許庁が無効2014-800109号事件について平成27年3月16日にした審決を取り消す」旨の原告の請求を棄却する。 第2 事案の概要 1.本件発明(請求項1,下線部は、無効審判での訂正部分) A.産業機械において使用された後に,所定固形物と所定液体の混在する状態になった汚濁液から前記所定固形物を濾過して前記所定液体を再利用するために使用される濾過装置において, B.前記所定液体を貯蔵する液曹(1)と, C.前記汚濁液を一時的に貯蔵する貯蔵曹(7,2,3)と, D.前記貯蔵曹内で回転駆動されるとともに外周面に濾過手段(44)を備え, ...

詳細を見る