“強い特許”の取得なら、知的財産のエキスパート集団、アイテックにお任せください

特許業務法人 アイテック国際特許事務所 ITEC International Patent Firm

新着情報

新着情報一覧

18.11.07 [判例] 判例紹介:平成29年(行ケ)第10232号 特許取消決定取消請求事件

【判決日】平成30年10月17日判決言渡【事件番号】平成29年(行ケ)第10232号 特許取消決定取消請求事件(http://www.ip.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/058/088058_hanrei.pdf)【関連条文】特許法2条1項【関連する権利番号等】特許第5946491号,異議2016-701090号【判決要旨】第1 結論 特許庁が異議2016-701090号事件について平成29年11月28日にした決定を取り消す。第2 事案の概要1.特許庁における手続の経緯等(1)原告は,名称を「ステーキの提供システム」とする発明につき,平成26年6月4日に特許出願をし(特願2014-115682号),平成28年6月10日,その設定登録を受けた(特許第5946491号)。(2)被告補助参加人は,平成28年11月24日,本件特許の請求項1~6について特許異議申立てをしたところ(異議2016-701090号),原告は,平成29年9月22日付...

詳細を見る

18.10.22 [判例] 判例紹介:「高リン酸塩血症の治療のための医薬組成物」審決取消請求事件

【判決日】平成30年9月19日判決言渡【事件番号】平成29年(行ケ)第10171号 審決取消請求事件(http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/990/087990_hanrei.pdf)【キーワード】進歩性、出願当時の技術常識又は周知技術【ポイント】出願当時の技術常識又は周知技術の適用について【ひとこと】「水分子(水和水)の数の違いが,薬物の溶解度,溶解速度及び生物学的利用率,製剤の化学的安定性及び物理的安定性に影響を及ぼし得る」との周知技術から、極めて具体的な「炭酸ランタンのリン酸結合性」が導かれるとの結論は、周知技術の適用が広すぎると思われ、進歩性否定の方向性を示していることが懸念点である。【判例要旨】1.結論 特許庁が無効2016-800111号事件について平成29年8月7日にした審決を取り消す。2.事案の概要(1)本件は,特許無効審判の請求は成り立たないとの審決に対する取消訴訟である。争点は、進歩性における出願当...

詳細を見る

18.10.22 [判例] 判例紹介:「美容器」審決取消請求事件

【判決日】平成30年9月4日判決言渡【事件番号】平成30年(行ケ) 第10013号 審決取消請求事件(http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/968/087968_hanrei.pdf)【キーワード】進歩性【結論】原告の請求を棄却する。【請求】特許庁が無効2016-800099号について平成30年1月5日にした審決を取り消す。 【事件の概要】 1.特許庁における手続の経緯(1)特許出願  平成26年10月27日(平成23年11月16日にした特願2011-250916号の分割出願)(2)設定登録  平成27年 2月27日(特許第 5702019)(3)無効審判  平成28年 8月 9日(無効 2016-800099号)(4)訂正請求  平成29年10月10日(5)審決    平成30年 1月 5日(訂正を認めた上で「本件審判の請求は,成り立たない。」との審決)(6)本訴    平成30年 1月15日【本件発明の要旨】 【請...

詳細を見る

18.08.06 [判例] 判例紹介:平成29年(行ケ)第10139号 審決取消請求事件

【判決日】平成30年4月16日判決言渡【事件番号】平成29年(行ケ)第10139号 審決取消請求事件【口頭弁論終結日】平成30年3月26日【判例要旨】第1 主文 特許庁が不服2016-4465号事件について平成29年2月20日にした審決を取り消す。第2 事案の概要 1.特許請求の範囲の記載(本願補正発明) 【請求項1】(下線部は,拒絶査定不服審判請求時の補正による補正箇所を示す。) レーダー送信機及びレーダー受信機を備えるレーダーセンサを用いてホスト自動車の外部の環境で1又は複数のターゲット物体をモニタリングするための装置であって, 前記装置は,前記ホスト自動車と前記1又は複数のターゲット物体との間の所定の相対移動の検知に応答して少なくとも1のアクションを始動するように構成され,  前記装置は,前記ホスト自動車の延伸軸からの前記ターゲット物体又は各ターゲット物体の距離である横方向オフセット値を判断し,前記横方向オフセット値に基づいて前記少なくとも1のアクションの始動が...

詳細を見る

18.07.10 [判例] 判例紹介:「トマト含有飲料」特許取消決定取消請求事件

【判決日】平成29年6月8日判決言渡【事件番号】平成28年(行ケ)第10147号 審決取消請求事件(関連する権利番号等 無効2015-800008 号,特許第5189667 号)【原告】カゴメ株式会社【被告】株式会社伊藤園【キーワード】サポート要件【主文】 特許庁が無効2015-800008号事件について平成28年5月19日にした審決を取り消す。【事案の概要】 本件は,特許に対する無効審判請求を不成立とした審決の取消訴訟である。争点は,①訂正要件適合性判断の当否,②実施可能要件適合性判断の当否,③サポート要件違反適合性判断の当否,及び,④公然実施による新規性喪失に関する認定判断の当否である。【本件特許発明】[請求項1](訂正後) 糖度が9.4~10.0であり,糖酸比が19.0~30.0であり,グルタミン酸及びアスパラギン酸の含有量の合計が,0.36~0.42重量%であることを特徴とする,トマト含有飲料。[請求項1](訂正前)糖度が7.0~13.0であり、糖酸比が19....

詳細を見る