“強い特許”の取得なら、知的財産のエキスパート集団、アイテックにお任せください

特許業務法人 アイテック国際特許事務所 ITEC International Patent Firm

新着情報

新着情報一覧

16.04.28 [判例] 平成25年(ネ)第10051号特許権侵害行為差止等請求控訴事件

【判決日】平成27年11月19日 【事件番号】平成25年(ネ)第10051号 特許権侵害行為差止等請求控訴事件 (http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/569/085569_hanrei.pdf) 【キーワード】技術的範囲、明細書の参酌 【ひとこと】 ・印刷欠陥の検出に用いる閾値とインキキー開度の調整に用いる濃度差等とが「同じデータ形式」である必要があるか否かに関して、明細書中では処理毎に異なるデータ形式を用いる具体例の記載がないことなどが考慮されて、同じデータ形式である必要があると限定解釈されました。明細書の記載に基づく技術的範囲の解釈の例として参考になると思います。 【判決要旨】 1.結論 被告製品1は、本件発明1の技術的範囲に属しないから、本件特許権1の侵害に基づく控訴人の請求は理由がない。 2.事案の概要 控訴人は、被控訴人が被告製品1を製造,販売等する行為は,控訴人の有する,発明の名称を「...

詳細を見る

16.04.12 [判例] 平成25年(ネ)第10051号特許権侵害行為差止等請求控訴事件

【判決日】平成27年11月19日 【事件番号】平成25年(ネ)第10051号 特許権侵害行為差止等請求控訴事件 (http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/569/085569_hanrei.pdf) 【キーワード】技術的範囲、明細書の参酌 【ひとこと】 ・印刷欠陥の検出に用いる閾値とインキキー開度の調整に用いる濃度差等とが「同じデータ形式」である必要があるか否かに関して、明細書中では処理毎に異なるデータ形式を用いる具体例の記載がないことなどが考慮されて、同じデータ形式である必要があると限定解釈されました。明細書の記載に基づく技術的範囲の解釈の例として参考になると思います。 【判決要旨】 1.結論 被告製品1は、本件発明1の技術的範囲に属しないから、本件特許権1の侵害に基づく控訴人の請求は理由がない。 2.事案の概要 控訴人は、被控訴人が被告製品1を製造,販売等する行為は,控訴人の有する,発明の名称を「...

詳細を見る

16.04.12 [判例] 平成25年(ワ)第32665号/平成26年(ネ)第10124号特許権侵害差止請求事件

A.原審 【判決日】平成25年10月30日 【事件番号】平成25年(ワ)第32665号 特許権侵害差止請求事件 (http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/598/084598_hanrei.pdf ) 【キーワード】機能的クレームの解釈 B.控訴審 【判決日】平成27年12月16日 【事件番号】平成26年(ネ)第10124号 特許権侵害差止請求控訴事件 (http://www.ip.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/558/085558_hanrei.pdf ) 【キーワード】特許の有効性(新規性) 機能的クレーム A.原審 1.事件の概要 発明の名称「シートカッター」とする特許権を有する原告が,被告による製品の製造,譲渡等が本件特許権の侵害に当たるとして,被告に対しその差し止め等を求め、侵害が認められた事案である。 2.本件特許発明 A 第1の刃と, B 第...

詳細を見る

16.04.01 [判例] 平成27年(ネ)10109号 損害賠償請求控訴、同附帯控訴事件

【判決日】平成28年2月9日 【事件番号】平成27年(ネ)10109号 損害賠償請求控訴、同附帯控訴事件 http://www.ip.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/666/085666_hanrei.pdf 【原審】大阪地裁平成26年(ワ)第3119号 【キーワード】虚偽事実の陳述流布 譲渡の申出 【判決要旨】 A.結論 本件控訴に基づき、原判決中、一審被告敗訴部分を取り消す。 上記取消部分につき一審原告の請求を棄却する。 (要するに、一審での原告の請求をすべて却下する、ということ) B.事案の概要 日亜化学(一審被告)は,発明の名称を「発光ダイオード」とする発明に係る特許(特許第4530094号)の特許権者であるところ,エレテック(一審原告)が,物件目録記載の各製品の輸入,譲渡又は譲渡の申出を行っており,エレテックによる当該輸入,譲渡又は譲渡の申出が上記特許権の侵害に当たるとして,エレテックに対し特許権侵害訴...

詳細を見る

16.04.01 [判例] 判例紹介「計器パネルおよび計器パネル向けのボードユニット」審決取消請求事件

【判決日】平成27年12月17日 【事件番号】平成26年(行ケ)第10245号 審決取消請求事件 http://www.ip.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/555/085555_hanrei.pdf 【キーワード】容易想到性 【ひとこと】 被告が主張するように,引用発明に周知技術1,2を適用しても引用発明の課題を解決できるといえるので,阻害要因は存在しないようにも思います。しかし,裁判所は,引用発明は2倍の作業面を得つつ空間へのアクセスをよくする効果を奏するのであるから,あえて周知技術1,2を適用することに容易に想到し得ないと判断しています。判断の結果に若干疑問はありますが,判断手法は,拒絶対応において参考になると考えます。 【判決要旨】 1.結論 原告の請求には理由があるから,これを認容し,審決を取り消す。 2.事案の概要 本件は,発明の名称を「計器パネルおよび計器パネル向けのボードユニット」とする発明について...

詳細を見る