“強い特許”の取得なら、知的財産のエキスパート集団、アイテックにお任せください

特許業務法人 アイテック国際特許事務所 ITEC International Patent Firm

意匠

意匠制度

意匠制度は、新しく創作した意匠を創作者の財産として保護する一方で、その利用を図ることにより、意匠の創作を奨励し、産業の発達に寄与しようというものです。

意匠とは、物品あるいは物品の部分における形状・模様・色彩に関するデザインをいいます。なお、物品の部分における形状・模様・色彩には、物品の操作の用に供される画面デザインも含まれます。

登録要件

意匠の保護の受けるためには、所定の様式に基づいた書類を特許庁に提出し(意匠登録出願をし)、意匠登録出願が必要な登録要件を満たしているか審査を受け、意匠権の設定登録を受ける必要があります。

主な登録要件は、以下の通りです。

  • 工業上利用できる意匠であること
  • 新しい意匠であること(新規性)
  • 容易に創作をすることができたものでないこと(創作非容易性)
  • 先に出願された意匠の一部と同一又は類似でないこと
  • 他人よりも早く出願していること(先願)
  • 公序良俗を害するおそれがある意匠など意匠登録を受けられない意匠ではないこと(不登録事由)

意匠登録の効果

審査の結果、登録要件を満たすと認められる場合には、設定登録され、意匠権が発生します。

意匠権者は、登録された意匠と同一及びこれに類似する意匠の実施をする権利を専有します。したがって、第三者が正当な理由または権原なく業として登録された意匠またはこれに類似する意匠を実施等することは、意匠権の侵害となり、意匠権が侵害された意匠権者は、原則として、民法上または刑法上の救済措置を受けることができます。

なお、意匠権の存続期間は設定の登録の日から最長20年をもって終了します。(平成19年3月31日以前の意匠登録出願については、設定の登録の日から最長15年)

意匠特有の制度

部分意匠制度
物品の部分にかかる意匠を保護する制度です。この制度により、独創性が高く特徴ある物品の部分にかかる意匠の保護が図られています。
組物の意匠制度
複数の物品(組物)の意匠について、組物全体として統一があるときに一つの意匠として出願,登録を認める制度です。この制度により、優れたシステムデザインの保護が図られています。
関連意匠制度
意匠権の設定登録日から一定期間意匠登録の内容を秘密にする制度です。この制度により、意匠にかかる物品の販売時期まで意匠登録の内容を秘密にすることができ、意匠の実施時期と意匠公報の掲載による意匠の公表時期との整合が図られています。
秘密意匠制度
意匠権の設定登録日から一定期間意匠登録の内容を秘密にする制度です。この制度により、意匠にかかる物品の販売時期まで意匠登録の内容を秘密にすることができ、意匠の実施時期と意匠公報の掲載による意匠の公表時期との整合が図られています。

各制度について

意匠制度,特許制度、実用新案制度は、「創作物」を保護する制度である点で互いに共通します。したがいまして、同一の対象が意匠権、特許権(または実用新案権)の両方の権利で保護され得る場合があります。

弊所では、各制度の長所・短所,個別案件の事情等を勘案し、どの制度を用いて創作物の保護を図るかについて適切なご提案をいたします。

  • 特許
  • 実用新安
  • 意匠
  • 商標
  • 外国業務
  • 知財コンサルティング